エンジョイワークスでは、鎌倉・葉山・湘南エリアの個性的な不動産の紹介、
スケルトンハウスの企画・設計、古民家や平屋のリノベーション、
コーポラティブヴィレッジの企画・コーディネート等の不動産プロデュースを手掛けています。

「家づくり」ブログでは、エンジョイワークスのお客さまが
鎌倉・葉山・湘南エリアで進められている家づくりや古家リノベーションの現場レポート、
エンジョイワークスが企画しているヴィレッジの募集・進捗状況等をお届けします。

記事一覧

ついに完成、迫力H邸!

  • 2011/11/19

ファイル 25-2.jpgファイル 25-3.jpg

11月13日、これまで何ども出来上がるつつある様子をお伝えしてきました秋谷のH邸、オープンハウスが開催されました。

H邸のお宅の特徴は、何といっても幅50センチ、長さ6メートルの太い梁が4本、なんと1本250キロ!!8人がかりで一本一本を構造を組む際(建て方)に人力で運び持ち上げました。

それが、内装の仕上がったお部屋では、こんなに逞しく2階の吹き抜けで圧倒的な存在感を見せてます。

キッチンは奥様の名前にちなんでグリーンで統一しました。

秋の夕暮れ、内装進行中。

  • 2011/11/03


秋の夕暮れにそびえ立つカフェオレ色の邸宅。
5層のスキップフロアで内装工事が進行中です。



まずは1階。奥様とおこさんの寝室とクローゼット。
1階でも駐車場の上。海もばっちりです。
山側の1.5階はバスルームとだんな様の寝室。




海側2階はリビングルーム、3階はメンズルーム。旦那様の趣味のお部屋。2階の天井には、太い梁が広い開口部を支えています。SE構法ならではの立派な太さでございます。そして、2階とロフトをつなぐ2.5階は、キッチン&ダイニングスペースです。山側のリビングの日照確保のために2.5階に天窓ありです。



そしてロフトからのサンセット。ド迫力です。水平線の端が丸く下降していく様もこの高さならでこそ、確認できるのです。


11月中旬にはオープンハウスを予定しています。詳細はまた後日お知らせしますので、お待ちくださいませ。

迫力のH邸、上棟!

  • 2011/09/09

ファイル 12-1.jpgファイル 12-2.jpgファイル 12-3.jpgファイル 12-4.jpgファイル 12-5.jpg

迫力ですねぇの一言。
海に向かって駐車場から、だん、だん、だんと積み上がっていくこの感じ。
ついに上棟!おめでとうございます。
開口部からの迫力の秋谷の海!
おまけに天窓までついちゃってる。
ふきつけ断熱もしっかりできて、お施主様も大満足。
急ピッチで進んでいます。

H邸、天井下地ができあがってます。

  • 2011/09/01

ファイル 10-1.jpgファイル 10-2.jpgファイル 10-3.jpg

急ピッチでH邸工事が進められています。
先週、斜面の土地のためクレーンが入らず、人海戦術での棟上げと聞いていたのが、今週はもう壁も入って、天井下地もできあがり、すっかり家らしくなってきました。

H邸の工事の日々の進捗は、本田社長のTwitter (http://twitter.com/#!/ys_home)に詳しいので是非こちらもご覧くださいませ。

H邸は、SE構法で建てられます。SE構法は「重量木骨の家」と呼ばれ、集成材をプレカットし、接合部を専用金物でつなぎ、木造なのに構造計算までしっかり行い地震に強く、大開口がとれるので、H邸のような海見えハウスにはまさにうってつけの工法です。SE構法についてはまた別途ご案内したいと思います。

H邸、基礎ができつつあります。

  • 2011/08/12

ファイル 4-1.jpgファイル 4-3.jpg

秋谷の海近/海見えハウス、H邸。
現場では、駐車場と基礎がほぼできつつあります。
駐車場は車二台収容可。一台は、ご主人のこよなく愛するハーレーが収まるそうです。
こちらのお宅からは、ハーレー好きのご主人に似て、眼前にダイナミックな久留和海岸と富士山が臨めます。

H邸はSE構法を使う重量木骨の家です。ひな壇の土地の形状を活かして、駐車場→一階→二階と家の構造もひな壇形式になります。そこに海に面して開口をいっぱいにとれるようにSE構法を活かし、さらにスキップフロアーを多用する、なんとも楽しい家ができそうです。

高台にあって海が目の前に見える貴重な土地。道路からの入り口には、神社がしっかり守っていてくれます。

ページ移動

スーパーコピーブランド, スーパーコピー時計