エンジョイワークスでは、鎌倉・葉山・湘南エリアの個性的な不動産の紹介、
スケルトンハウスの企画・設計、古民家や平屋のリノベーション、
コーポラティブヴィレッジの企画・コーディネート等の不動産プロデュースを手掛けています。

「家づくり」ブログでは、エンジョイワークスのお客さまが
鎌倉・葉山・湘南エリアで進められている家づくりや古家リノベーションの現場レポート、
エンジョイワークスが企画しているヴィレッジの募集・進捗状況等をお届けします。

記事一覧

夕陽に染まる秋谷B邸

  • 2012/10/21

ちょうど夕暮れ時に秋谷に行く用事があったので、
そうだ!B邸からの夕陽は最高だろうと思いつき、急にお邪魔してしましました。

やっぱり素晴らしい!
富士山もそのシルエットを夕景に描き出しています。

ファイル 71-1.jpg

引きではこんな感じ。

ファイル 71-2.jpg

上に目を向けるとこんな感じ。

ファイル 71-3.jpg

振り返るとこんな感じ。

ファイル 71-4.jpg

作り付けのダイニングテーブル。いい感じですね。
窓の外に見える緑のお庭はこれから少しずつ手を入れていかれるそう。

ファイル 71-5.jpg

秋谷B邸、オープンハウス

  • 2012/10/11

9月最後の週末、B邸オープンハウスが行われ、
多くの来客で賑わいました。

まだ、薪ストーブやウッドデッキは付いていないですが、
やっぱり素敵です。

まずは外観。ドーン!

ファイル 70-1.jpg

リビングからのこの眺望。迫力あります。

ファイル 70-2.jpg

造作のダイニングテーブル、キッチン。
個人的にはこの場所のゆったりした感じが好きです。

ファイル 70-3.jpg

バスルーム、サニタリーからも海が見えちゃうなんて。。

ファイル 70-4.jpg

ご来場いただいた皆さま、
ありがとうございました。

ファイル 70-5.jpg

Bさまご夫妻、この家に二人で住む贅沢、
堪能してください!(笑)

秋谷B邸、内部造作も進む

  • 2012/10/06

秋谷B邸、内部造作進んでいます。

といっても、1ヵ月くらい前のまだ残暑が厳しい9月前半。

造作キッチンとダイニングテーブル。
これは良さげな予感が。。

ファイル 67-1.jpg

リビングの一部に書斎。
B氏の蔵書もこれなら収まりそう。

ファイル 67-2.jpg

ロフトに上がる階段。リビング側はテレビ台として、
書斎側は収納スペースとしても利用します。

ファイル 67-3.jpg

夏は特に西日が気になるものの、
足場が取れるのが待ち遠しい。
実際、窓もLow-Eガラスなので、西日対策も実はバッチリ。

ファイル 67-4.jpg

富士山のシルエットが浮かび上がってきたー!

ファイル 67-5.jpg

秋谷B邸、内部工事進む

  • 2012/10/06

秋谷B邸、内部工事進んでいます。

といっても、2ヵ月くらい前の夏真っ盛りの8月前半。

足場から施主のB氏登場。
その場所にはウッドデッキがつく予定。

ファイル 66-1.jpg

玄関脇の階段。

ファイル 66-2.jpg

ここはお風呂。もちろん海見えます。

ファイル 66-3.jpg

こちらはロフトに付いたトップライト。
山の緑がキレイに切り取られています。

ファイル 66-4.jpg

ダイニング、キッチン部分。
広々として明るいスペースになりそうです。

ファイル 66-5.jpg

秋谷B邸、内装工事に入りました。

  • 2012/08/02

上棟から1ヵ月。秋谷B邸には窓も付き、断熱材も入り家らしくなってきました。
この日は1Fのフローリングを張り始めていましたよー!

ファイル 65-1.jpg

こちらは2Fのリビングからダイニング・キッチンとなる場所を見ています。
その先はお庭になる予定。
しかし天井が高い!

ファイル 65-2.jpg

外観。ついにここまで来ました。

ファイル 65-3.jpg

そしてB邸といえば、やはりこの眺望。
こちらは朝。

ファイル 65-4.jpg

こちらは夕方。

ファイル 65-5.jpg

素晴らしいのひと言です!

秋谷B邸上棟式

  • 2012/07/06

いよいよ秋谷B邸の上棟式です。
ご両親も神戸から駆けつけご参加くださいました。

ファイル 64-1.jpg

まずは、現地での打ち合わせ。
1Fのベッドルームにあたる場所でしょうか。
天井高をチェックしています。
若手設計士の高橋氏(http://www.aaaiaaai.jp/)、頑張っています。

ファイル 64-2.jpg

海と緑を眺めながら、実際にダイニングテーブルが置かれる場所で
職人さん達との歓談を楽しみつつお食事。日影茶屋のお弁当、美味しかったなー。

ファイル 64-3.jpg

その後、工事の安全と今後の皆の幸せを祈って、
四隅にお塩、お米、お酒をまきます。

ファイル 64-4.jpg

梅雨時ではあったものの、お天気にも恵まれ素晴らしい上棟式になりました。

普段、敷地からの写真ばかりなので
向かい側からの写真を一枚。
これを見ると豊かな緑にも囲まれていることがわかります。

ファイル 64-5.jpg

秋谷B邸、ついに基礎工事!

  • 2012/07/06

崖条例だのなんだので、確認申請が大変だった秋谷B邸。
長期優良住宅の申請手続きも済ませ、ついに基礎工事が始まりました!

ファイル 63-1.jpg

お隣は6階建てのマンションですが、地盤もこちらのほうが高いし、
最上階と変わらないくらいになるのでは・・上棟が楽しみ。

ファイル 63-2.jpg

職人さん、頑張ってます。
この鉄筋の作業はもちろん、ひとつひとつ手作業。
職人さんが黙々とこなしていくひとつの作業の積み重ねで家は建ちます。

ファイル 63-3.jpg

ファイル 63-4.jpg

今日もここからの眺望は最高です!

ファイル 63-5.jpg

まもなく着工。秋谷B邸。

  • 2012/06/08

建築確認がとれて、まもなく着工予定の秋谷B邸。
堀内のフィッシュ&チップスのお店「The Gazebo」でまずは模型を見ながら打ち合わせ。

ファイル 58-1.jpg

2階部分をちらっとお見せします。かなりの天井高です。
上が西向きで海ビュー。手前が東向きで山ビュー。
真冬の日射を再考して、東側に建物を拡張しました。

ファイル 58-2.jpg

で、実際の敷地だとどんなボリューム感だろう?ということで、
車で走ること約10分。
敷地に到着するなり、パノラマビューを見て「やっぱり最高やー!」ポーズのBさん。

ファイル 58-3.jpg

こんな感じで見えています。

ファイル 58-4.jpg

敷地にロープを張って、建物のボリューム感と間取りをあらためて確認。
この辺りがキッチンで、この辺りがリビング。この辺りにバスルームだから、
「海を眺めながら、お湯に浸かれるー!」といった感じです。

ファイル 58-5.jpg

実際には建物1Fレベルでこのような会話をしている訳で、
リビングやキッチンのある2Fレベルからは更なるビューがあるはずと期待が膨らみます。
上棟が待ち遠しいB邸敷地からでした。

ガレージ完成!秋谷B邸

  • 2012/03/14

秋谷B邸の立派なガレージ&土台が完成しています。
が、現在コンクリートを乾燥させていますので、
基礎工事、上棟まではもう少し時間がかかります。

ファイル 36-1.jpg

その間、一部設計を見直し。1F東側のドライエリアをなくし
1F、2Fともに東側に居室を拡張しました。
冬場の太陽の光を極力ダイレクトに室内に取り込むためです。
そのために奥さまは、自作の模型を手に現地に何度も足を運び検証されました。
すごい!
ちなみこの模型、1個目ではありません。結構な完成度でしょ?

ファイル 36-2.jpg

ちなみに写真左手が東側。

ファイル 36-3.jpg

眺望は例によって、最高です。

ファイル 36-4.jpg
ファイル 36-5.jpg

秋谷B邸、地鎮祭

  • 2011/10/01

ファイル 16-1.jpgファイル 16-2.jpgファイル 16-3.jpgファイル 16-4.jpg

秋谷B邸、地鎮祭が昨日行われました。
山側は晴れ、海側か曇り。台風の影響で少し海は荒れています。

写真でみても明らかなように、坂道の途中のひな壇の土地。
「素人じゃ手が出せない」と言われていた土地ですが、
不動産、設計、施行の専門家がチームを組んで、「お施主様の海と山に囲まれていたい」家の実現に向けて取り組んでいます。打ち合わせも順調に進行中。和気あいあいとパッシブハウスの実現に向けて、知恵を絞っています。

下から見上げると、4段のひな壇。手前は道路、1段目2段目にRCの駐車場、駐車場上と3段目をつなげて家を建てて、4段目はお庭の予定。

左側(北)からの模型の写真もご覧ください。

ページ移動

スーパーコピーブランド, スーパーコピー時計