リンク集: スーパーコピーブランド, グッチ服 スーパーコピー, フェンディコピー, シュプリーム ヴィトン コピー, ウブロコピー, ロレックスコピー, オメガ スーパーコピー, タグホイヤー スーパーコピー, シャネルJ12スーパーコピー, カルティエ スーパーコピー, オーデマピゲ スーパーコピー, パテックフィリップ スーパーコピー, ブレゲ スーパーコピー, カルティエ スーパーコピー, スーパーコピー ロレックス スーパーコピー カルティエ 時計コピー ブルガリ スーパーコピー ウブロスーパーコピー フランクミュラースーパーコピー タグホイヤースーパーコピー パテック フィリップスーパーコピー シャネル時計 コピー オメガ コピー スーパーコピーブランド通販 スーパーコピー時計

エンジョイワークスでは、鎌倉・葉山・湘南エリアの個性的な不動産の紹介、
スケルトンハウスの企画・設計、古民家や平屋のリノベーション、
コーポラティブヴィレッジの企画・コーディネート等の不動産プロデュースを手掛けています。

「家づくり」ブログでは、エンジョイワークスのお客さまが
鎌倉・葉山・湘南エリアで進められている家づくりや古家リノベーションの現場レポート、
エンジョイワークスが企画しているヴィレッジの募集・進捗状況等をお届けします。

記事一覧

葉山で子育て

  • 2011/10/28


葉山、一色エリア、どれみ幼稚園そばの分譲地の奧まった場所に、I さんご一家の土地はあります。5歳と2歳のお子さんを持つIさんご夫婦は、自然環境豊かな場所での子育てを希望して、葉山での土地を探しておられました。一色小学校へは徒歩5分、どれみ幼稚園は道をはさんで向かい。徒歩8分でそうてつローゼン、しかも15分歩けば一色海岸だって行けます。子育てには最適の場所です。



家の前には、子どもたちが思いっきり走り回っても心配いらない幅6メートルの石畳の開発道路が広がり、遠景には大峰山の稜線が青空に美しく映えま。子どもたちの成長を見守るにはうってつけの場所です。そよ風が吹き抜ける土地で、さわやかなご夫婦とお子さんたちの家づくりを支えるのは、若き建築士。どんなお家ができあがるのか、今から楽しみです。

エンジョイワークス、ついに鎌倉に進出!

  • 2011/10/12

ファイル 17-1.jpgファイル 17-2.jpgファイル 17-3.jpg

秋色日毎に深まりつつあるこの頃、皆様お変わりありませんか。

10月12日、株式会社エンジョイワークスは、世田谷よりここ鎌倉由比ガ浜に移転いたしました。移転に際しましては、皆様より素敵なお花やお祝いなどを頂戴し、本当にありがとうございました。

昨日は世田谷からの荷物の移動、今日はオフィス内のダンボール整理をして、夕方になってようやくパソコンでの作業ができるようになりました。これからも少しずつ、ペンキの塗り替えや大工作業も続けて、皆さんがお越しいただいた際、ごゆっくりくつろげるオフィスにしていきたいと思っています。オフィス七変化の様子は、後日お知らせする予定です。

鎌倉を基盤にこれからもより一層頑張って行きたいと思います。引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

新住所 〒248-0014 鎌倉市由比ガ浜1-10-9
TEL (0467)53-8583(代)
FAX (0467)53-8584

新オフィスは、鎌倉駅西口より徒歩8分の由比ガ浜通沿いになります。鎌倉で皆様のお越しお待ちしております。

秋谷B邸、地鎮祭

  • 2011/10/01

ファイル 16-1.jpgファイル 16-2.jpgファイル 16-3.jpgファイル 16-4.jpg

秋谷B邸、地鎮祭が昨日行われました。
山側は晴れ、海側か曇り。台風の影響で少し海は荒れています。

写真でみても明らかなように、坂道の途中のひな壇の土地。
「素人じゃ手が出せない」と言われていた土地ですが、
不動産、設計、施行の専門家がチームを組んで、「お施主様の海と山に囲まれていたい」家の実現に向けて取り組んでいます。打ち合わせも順調に進行中。和気あいあいとパッシブハウスの実現に向けて、知恵を絞っています。

下から見上げると、4段のひな壇。手前は道路、1段目2段目にRCの駐車場、駐車場上と3段目をつなげて家を建てて、4段目はお庭の予定。

左側(北)からの模型の写真もご覧ください。

N邸、全容2です。

  • 2011/09/25

ファイル 15-1.jpgファイル 15-2.jpgファイル 15-3.jpgファイル 15-4.jpgファイル 15-5.jpg

キッチン横のリビングには、赤い造作の本棚。そして見上げればそこは5mの吹き抜けに窓が4つ!光と風が通り抜けます。

白い可愛らしい階段をのぼって見上げると天窓。そしてつきあたりは三角屋根の寝室。窓は観音開きで窓の鍵もこだわってます。下から上に回転してしまるんですね。

寝室横にはまたまたかわいらしい洗面台とウォークインクローゼット。その横はトイレ。そして、将来の子供部屋からはリビングを見下ろすことができます。間仕切りで二つに分けることも将来的には可能です。さらには、リビング上の梁に床を張れば、もう一部屋作ることもできるんです。

ほんと、おどぎの国のお家です。

N邸、全容1です。

  • 2011/09/25

ファイル 14-1.jpgファイル 14-2.jpgファイル 14-3.jpgファイル 14-4.jpgファイル 14-5.jpg

昨日、今日の二日間、葉山堀内N邸のオープンハウスが開催されました。
ご参加いただきました皆様、ありがとうございました。

ご参加いただけなかった皆様、どうぞこちらからN邸全容ご覧ください。

N邸、とても心地よいお家になりました。窓の家です。設計士さんと職人さんの手間のかかった造作が見事の一言でした。こんな手をかけて作ってもらえるお家に住めるなんて幸せだなぁ。

一階、玄関を入るといきなり、5mの吹き抜けです。そして靴箱サイドにも大きな窓が。そして、玄関から部屋に入る扉の上には、開閉可能なガラスが入り玄関窓からの光と風を室内に呼び込みます。

キッチンとバスルームの入り口は、アーチになって奥まった感を出しています。キッチンにはこだわりの特注スイッチ。まるでコックピットの様。ほかのスイッチもアメリカ製のスイッチ。家電はすべて輸入家電なのです。

階段下を活用したキッチンはタイル貼。キッチンカウンター正面には特注アイアンの窓が。
光と風をやはり導いてくれます。

洗面台がすごい。全面タイルばりの造作1.5m以上のシンクの前は窓とスライド鏡が。
鏡の裏には、コンセントもついて収納も可能です。お風呂は全面白いタイル貼。

堀内N邸、オープンハウスまで後10日!

  • 2011/09/14

ファイル 13-1.jpgファイル 13-2.jpgファイル 13-3.jpgファイル 13-4.jpg

ついに、N邸、全容が明らかになってまいりました。

親子開きの木製玄関扉と、その脇にはロートアイアンの窓がきっちりおさめられています。天窓からの日差しと抜けるような青い秋の空が室内の珪藻土の白い壁でより一層鮮やかさを増しています。
北側窓から緑の稜線が美しい。。。。おまけに森戸海岸まで徒歩5分。

N邸ご主人との出会いは1年ほど前。以来、土地探しからファイナンス、設計事務所や施工会社のご紹介までトータルで家づくりをサポートさせていただき、ここまでやってまいりました。

そしてついに、9月24日(土)、25日(日)の各10時から、現地にてオープンハウスを開催いたします。

オープンハウスは事前予約制になっております。
こちらのお問い合わせフォームコチラでお申し込みください。

それでは、現地でお目にかかりましょう!アディオス:)

SE構法のパッシブ度

  • 2011/09/13

ファイル 5-1.jpg

ご紹介の秋谷のH邸は、SE構法で建築中です。
今回はそのSE構法について。

SE構法は、集成材と独自開発の金物(写真)使ってコンピュータによる構造計算で、大空間と大開口を実現できる工法。これまでは、どちらかというと、木造なのに構造計算しっかりして地震に強い家です、というイメージが先行していましたが、このところ、SOWE designというコンセプトで、Sun、Wind、 Energy、つまり風と光と熱を取り込み自然と共生するパッシブな家ですよ、を売り出し中。

実際、どんな風にパッシブなのか、考えてみました。

確かに、大きく自由に開口部をとれるといいかも。例えば、その土地の地形や季節に応じた風の道に合わせて窓を作れると、夏に風通しを良くすることで冷房をつけなくて済む。天窓なんかを利用して冬に太陽光を十分とりいれれられれば、断熱がしっかりしてれば、暖房が少なくていい。家の中が明るければ照明をつけずに住むから節電。夏は天井付近の暑い熱を窓を開けて外に逃すことができます。

今のお役所基準で太陽光と自然エネルギーを利用する循環型住宅を実現するためには、「延床面積に対して20%以上の開口部を設ける」ことが必要となるそうですが、SEならこれも実現できるんだとか。

構造が丈夫で長持ちすれば、長く住み続けられる、間取りの可変性も高いので、家族構成の変化で間取り変更リフォームも最小限で住むので、余分な材料を使わなくてよく木材も節約。集成材の6割は国内で生産されていて、最近は地域材の利用も進み、集成材の国産材比率も2割を超えてきています。地域材の利用が促進されれば、木材輸送中のCO2 の排出も減ります。

SOWEデザイン特注の天窓は、どうやら秘密のしかけがあるらしく、ベールにつつまれてます。チャレンジ25ハウスの仕様だと、1×3mの遮熱、断熱仕様の窓をとりつけています。巨大!天窓に降り注ぐ太陽エネルギーを熱として100%室内に取り込めます。

一方で、太陽光発電をしようとパネルを設置した場合、パネルに降り注ぐ太陽光のエネルギーは電力に転換されますが、その場合、降り注ぐ太陽光の15%程度しか転換されません。そう考えると、無理に電力に転換しなくても100%素直に太陽熱の恩恵を受けるのでもいいかなと思えてきます。

ネックはずばりコストです。在来工法との比較でも、坪当たり3万円+高いと聞きます。加えて、SE構法では在来よりも頑丈にするための基礎にコストがかかる、建物外周部などに外壁の下地等を止めつける為の間柱等が在来工法より多く必要になる、構造計算費用がかかる、建材の輸送コストがかかるなどなどの追加コストも見ておかなければなりません。

SOWEデザインでは、次世代省エネルギー基準 の「年間暖冷房負荷の基準」で温熱計算ができるらしいのですが、これもまた追加コストがかかるといいます。

勿論、住み始めてからの光熱費削減や、太陽光パネルなどのアクティブな設備導入にかかるコストとの比較をした上での判断にはなりますが、せっかくならもっとコストダウンに努力してくれると普及するのになぁと思うのは私だけでしょうか。。。。

迫力のH邸、上棟!

  • 2011/09/09

ファイル 12-1.jpgファイル 12-2.jpgファイル 12-3.jpgファイル 12-4.jpgファイル 12-5.jpg

迫力ですねぇの一言。
海に向かって駐車場から、だん、だん、だんと積み上がっていくこの感じ。
ついに上棟!おめでとうございます。
開口部からの迫力の秋谷の海!
おまけに天窓までついちゃってる。
ふきつけ断熱もしっかりできて、お施主様も大満足。
急ピッチで進んでいます。

H邸、天井下地ができあがってます。

  • 2011/09/01

ファイル 10-1.jpgファイル 10-2.jpgファイル 10-3.jpg

急ピッチでH邸工事が進められています。
先週、斜面の土地のためクレーンが入らず、人海戦術での棟上げと聞いていたのが、今週はもう壁も入って、天井下地もできあがり、すっかり家らしくなってきました。

H邸の工事の日々の進捗は、本田社長のTwitter (http://twitter.com/#!/ys_home)に詳しいので是非こちらもご覧くださいませ。

H邸は、SE構法で建てられます。SE構法は「重量木骨の家」と呼ばれ、集成材をプレカットし、接合部を専用金物でつなぎ、木造なのに構造計算までしっかり行い地震に強く、大開口がとれるので、H邸のような海見えハウスにはまさにうってつけの工法です。SE構法についてはまた別途ご案内したいと思います。

U邸、地鎮祭無事終了!

  • 2011/09/01

ファイル 9-2.jpgファイル 9-3.jpg

葉山公園交差点から山側へ徒歩10分。
道が次第に細くなり、歩を進めるたびに緑が濃くなっていくのがわかります。
台風12号が近づき、お天気が心配されましたが、今朝無事にU邸の地鎮祭がとり行われました。まるでスーパーボウル開幕かと思うような、にぎやかな演出(4−5機のF15戦闘機が上空を通過)もありましたよ。

地鎮祭には、Uさんご夫婦に加え、設計の岩切さん、中島さん、施行のY's Home本田社長、渡辺さんもご同席され、天照大神の孫に由来する猿田彦神社の神主さんが地鎮祭をつつがなくとり行いました。

30代前半のUさんご夫婦は、大学時代からのお友達→ご夫婦に。現在は東京を拠点に、お二人とも観光関係のお仕事をされていることもあって、全国を飛び回っておられます。将来は、お店を開くことがお二人の夢です。とても仲睦まじいお二人の夢へ向かって、また一歩前進です。

当初、「葉山は高級すぎて手が届かない」と、江ノ島周辺で土地探しをはじめ、腰越で決めようとした矢先に、葉山のこの土地に出会い、一目惚れ。即決されました。来年2月頃には、下山口の里山の緑に包まれ、二階のデッキからは海が見える、アメリカンな雰囲気いっぱいのサーファーズハウスが出来上がる予定です。

ページ移動

リンク集:スーパーコピー時計ロレックススーパーコピーウブロスーパーコピー